ナイトブラの選び方【失敗しない5つのポイント】

ナイトブラって結局どれがいいのか、よく分からなくないですか?
あまりにも種類が多いので、どうやって選べばいいのか迷ってしまいます。

多くの人は人気や値段を優先にしがちですが、これでは高確率で失敗します。
また、口コミでの評価が高いナイトブラを信じて買っても、失敗や後悔をしている人はたくさんいます。

着けて寝るだけでバストケアができるナイトブラですが、選び方を間違えると不満を抱える結果にしかなりません。

そこでここでは、ナイトブラの失敗しない選び方を5つのポイントに分けて解説していきます。
5つのポイントには優先順位があるので、注意してください。
また、優先順位の高い選び方ではおすすめのナイトブラも紹介しているので、是非参考にしてみてください。

なんとなくで買ってしまったナイトブラでは、何が良いのか悪いのかさえ判断できません。

逆にナイトブラの正しい選び方ができていれば、朝起きたときにその有用性に気が付くはずです。

ナイトブラを着けて寝れば一晩中胸の形がキープされるので、バストの形崩れの防止や補正効果に期待できます。

ナイトブラが必要なワケ

理由 イメージ写真

本題に入る前に、ナイトブラがなぜ必要なのかをおさらいしておきましょう。
昔は寝るときはノーブラが普通でしたが、今ではナイトブラを着用する女性が増えています。
これは決して、人気や流行だけが理由ではありません。



就寝中に起こるバストの形崩れが、広く認知され始めたからです。



就寝中のバストの状態


ナイトブラが必要なワケ

  • ノーブラでの就寝は形崩れの原因になるから

  • 昼間用のブラジャーやスポブラでは対応できないから

就寝中のバストを形崩れから守る

寝ている女性 イラスト

就寝中にまったく固定されていないノーブラのバストは、重力には逆らえません。
そのため、寝相や寝返りによってバストはあらゆる方向に動きます。
その結果、バストが身体の横(背中)方向に落ちる「横流れ」が起き、形崩れにつながってしまいます。

また、仰向けで寝ていても、ノーブラならバストは身体の正面にとどまってはくれません。
左右に広がって落ちるので、離れ乳になってしまいます。

そればかりか、バストの脂肪は脇や背中にも流れてしまいます。
中身が減れば、当然ボリュームダウンにつながります。
特に脂肪が多かったり柔らかい人ほど肉流れが起きやすい傾向が強く、実際のカップサイズと見た目にギャップが生じがちです。

そして就寝中のバストの移動に、胸の大小は一切関係ありません。
例え小さな胸でも、「垂れ乳」「離れ乳」「肉流れ」は起こります。



バストの形崩れ イラスト

また、ノーブラでの就寝はクーパー靭帯にも負荷を与えます。
クーパー靱帯とは、バストを支えている命綱のような役割をしています。

管理人A

ノーブラでの就寝だけでクーパー靭帯が限界を超えて損傷(断裂や伸長)してしまうかどうかは、定かではありませんが、そのリスクがあることは確かです。

そしてもしクーパー靭帯が損傷(断裂や伸長)してしまうと、もう二度と元には戻りません。
支えを失ったバストはキレイな形を保てなくなってしまい、形が崩れて垂れ乳や離れ乳になってしまいます。

バストの形崩れは、夜寝ている間に起こる可能性も指摘されています。
だからこそ、寝ている時にバストを守れるナイトブラが必要なんです。

睡眠時の着用に特化している

夜の町と満月 イラスト

昼間用のブラジャーは立っている状態での使用が前提なので、下方向への重力からしかバストを守れません。
したがって、横になってあらゆる方向に重力がかかる睡眠時にはバストを守れません。

また、スポブラは運動時のバストを固定して揺れをなくしてくれます。
強い力でしっかり固定してくれますが、その分締め付けが非常に強く作られています。
睡眠時の着用には強すぎる圧力なので、快適な睡眠は得られません。

一方ナイトブラは、横になっている状態でも全方向に対しての重力からバストを守れます。
伸縮素材である程度の締め付け感は感じますが、睡眠を邪魔するほど強くはありません。

横になった状態でもバストを固定でき、しかも睡眠を邪魔しない。
だからこそ夜には、昼間用のブラジャーやスポブラではなく、ナイトブラが必要なんです。

ナイトブラのサイズの選び方

SML サイズ イメージ写真

ナイトブラの選び方で最優先にすべきポイントが、自分のバストにフィットするサイズを選ぶことです。
バストにフィットするサイズでなければ、ナイトブラのサポート効果を得られないからです。



ナイトブラのサイズがわからないって人は、こちらもあわせてチェックしてみてください。
その原因と解決策を簡単にまとめてあります。



例えばアンダーが小さいと窮屈で寝苦しくなり、睡眠の妨げになります。
カップが小さければ、バストは潰れてしまいます。
いずれにしても睡眠環境の悪化に繋がるので、ケアどころではなく逆効果にさえなります。

逆にアンダーやカップが大きいと、緩くてスカスカになります。
朝起きたときにずり上がっているのはサポート効果が得られていない証拠で、就寝中はノーブラと同じ状態になっています。

とはいえ、購入前に試着はできないので、ナイトブラのフィット感は事前の確認ができません。
そこで必ずすべきことが、「自分のバストサイズの確認」と「サイズ表との照合」の2つです。

せっかくなのでこの機会に、メジャーで測り直して正確なアンダーサイズとカップサイズを把握しておきましょう。
特に最近測ってないって人は、必ず実施してください。
測る場所は、トップとアンダーの2ヵ所です。

バストサイズ 測る場所

参考までに、カップサイズはトップとアンダーの差によって以下のように決まります。

カップサイズの基準
カップサイズ トップとアンダーの差
AAA 約5.0cm
AA 約7.5cm
A 約10.0cm
B 約12.5cm
C 約15.0cm
D 約17.5cm
E 約20.0cm
F 約22.5cm
G 約25.0cm
H 約27.5cm
I 約30.0cm



自分のバストサイズが確認できたら、忘れないようにメモしておきましょう。
候補となるナイトブラをピックアップした時に、サイズ表との照合で使います。

管理人A

ナイトブラのサイズ規定や表記はメーカーによって違うので、必ず商品ごとに照合してください。

大事なポイントなので繰り返しますが、バストの形崩れの防止効果や補正効果を実感できるかどうかは、ナイトブラのサイズの選び方にかかっています。

そのためにも、まずはあなた自身の現在のバストサイズが不可欠です。

サイズ表との照合

サイズ表との照合 イラスト

自分のバストサイズが分かったら、ナイトブラのサイズ表と照合します。
対象にしているサイズの範囲はナイトブラによって違うので、サイズ表は必ず個別に照合しましょう。

中でも特に違うのが、アンダーサイズの対応範囲です。
面倒でも、必ず商品ごとにカップサイズとアンダーサイズを照合しましょう。

ナイトブラ サイズ表 照合の仕方 サンプル

ナイトブラのサイズの選び方は簡単で、あなたのカップサイズとアンダーバストの交点に表記されているサイズを選べばいいだけです。

例えば「C70」の場合だと、上記の画像のようになります。

ただ、ナイトブラはワンサイズで複数のアンダーサイズやカップサイズを対象にしています。
そのため交点に2つのサイズが記載されている場合もあり、その時は「どっちのサイズを選ぶべきか」で悩みます。

そんな時は、「楽な着用感」と「しっかりしたホールド力」のどっちを優先したいかを決めてください。

小さい方を選べば、締め付け感は強くなりますがしっかりしたホールド力が得られます。
逆に大きい方を選べば、締め付け感は弱くなりますが楽な着用感が得られます。

管理人A

交点に1つしかサイズの記載がない場合は、素直に表記に従うのが基本です。



もしもあなたが「Aカップ」「Bカップ」「Cカップ」「Dカップ」のいずれかなら、ナイトブラの対応サイズの限界を気にする必要はありません。

どのナイトブラでも、日本人女性の約8割が該当する大きさのバスト(「Aカップ」「Bカップ」「Cカップ」「Dカップ」)には対応しているからです。

ただ、「Aカップ未満」「Eカップ以上」の人は、対応しているナイトブラが少なくなります。
とはいえゼロではないので、安心してください。

小さな胸におすすめのナイトブラ

小さな胸におすすめのナイトブラ イラスト

ナイトブラは残念ながら、すべてのサイズには対応できていません。
特に小さめサイズへの未対応が顕著で、ほとんどすべてのナイトブラはAカップまでしか対応していません。

「AAカップ」や「AAAカップ」の人は、まず対応サイズの下限を確認してください。

また、サイズ表ではAカップやBカップに対応していても、ホールド力が対応できていないナイトブラもあります。

でも、「AAカップ」や「AAAカップ」まで対応したナイトブラもあります。
中でもおすすめなのが、LUNAナチュラルアップナイトブラです。

LUNAナチュラルアップナイトブラ 画像

LUNAナチュラルアップナイトブラは、AAAカップからCカップまでに特化した小胸女性向けのナイトブラです。
カップが浅めに作られているだけでなく、しっかりと寄せて上げられる構造になっています。

Aカップ未満の人のバストケアには、うってつけのナイトブラです。
小さな胸におすすめのナイトブラは、選び方も含めてこちらで詳しく解説しています。

大きな胸におすすめのナイトブラ

大きな胸におすすめのナイトブラ イラスト

ナイトブラの対応サイズには、上限もあります。
「Eカップ」「Fカップ」「Gカップ」「Hカップ以上」と、カップサイズが上がるほど対応しているナイトブラは減っていきます。

「Eカップ以上」の人は、まず対応サイズの上限を確認してください。

また、サイズ表では「Eカップ以上」に対応していても、バストの重さに対応できていないナイトブラもあります。

でも、「Eカップ以上」の大きな胸に対応しているナイトブラもあります。
中でもおすすめなのが、夜寄るブラ + Plusです。

対応サイズの上限はKカップで、現状確認できている中では最大サイズです。

夜寄るブラ + Plus 画像

夜寄るブラ + Plusは、特に大きめサイズへの対応が充実しているナイトブラです。
カップ部分が大きく作られているだけでなく、支えて持ち上げられる構造になっています。

大きめサイズのナイトブラを探している人に、とくにおすすめです。
大きな胸におすすめのナイトブラは、選び方からこちらで詳しく解説しています。

サイズ交換できるナイトブラが増えてきた

ナイトブラ サイズ交換 イメージイラスト

ぶっちゃけ、ナイトブラのサイズの選び方で一番確実な方法は、試着です。
ただ、店舗でも試着できないケースはありますし、通販では尚更です。
購入前に確実に試着できない点は、ナイトブラの大きなデメリットです。

そのため、ナイトブラの選び方で失敗したくない方はサイズの確認が不可欠になります。
ただし、それでもサイズが合わない可能性は充分あり得ます。

そんな時に嬉しいのが、サイズ交換保証のあるナイトブラです。
サイズ交換保証付きのナイトブラなら、サイズ選びで失敗する確率をグッと抑えられます。

アイテム数的にはほんの一握りと相当少ないですが、最近は増加傾向です。

ナイトブラの構造の選び方

ナイトブラ フルカップ ハーフカップ

ナイトブラには、見た目がシンプルな構造と昼ブラに似た構造があります。
実はナイトブラのこの見た目の違いは、デザインが違うだけではありません。

ナイトブラのタイプ

  • スポブラのようなナイトブラ

  • 昼間用のブラジャーと見た目が似ているナイトブラ

どちらも脇高設計で肉流れを防いでくれますが、構造が違えば着用感が変わります。

楽な着用感を求めるなら、見た目がシンプルなスポブラタイプのナイトブラ。

フィット感やホールド力を求めるなら、昼ブラに似たタイプのナイトブラ。

「寄せて上げて固定する力」は、スポブラタイプより昼ブラに似たタイプの方が優れています。
細かい構造の違いによって、期待できる効果にも違いが出てきます。

チェックポイント

  • ワイヤーの有無
  • ホックの有無
  • 肩紐のアジャスターの有無
  • 肩紐の太さ

ワイヤーは、下からの支えを強化してくれる効果があります。
ホックは、真ん中に寄せる力を強化してくれる効果があります。
肩紐のアジャスターは、長さ調節だけでなく持ち上げる力を強化してくれる効果があります。

ナイトブラの肩紐(ストラップ)は大抵太いので、肩への負担を軽減してくれます。
ただし全部が全部ではないので、肩への食い込みが気になる人は忘れずにチェックしておきましょう。

ホックやアジャスターが付いていれば、サイズの微調整ができます。
生理周期によって変化する身体に合わせてサイズが微調節できるかどうかは、意外に見落としがちなチェックポイントです。
就寝中という「点」で捉えるよりも、1日や1ヶ月という「線」を意識するのも、ナイトブラの選び方の1つです。



ところで、「垂れ乳」「離れ乳」を心配してはいませんか?
バストの形崩れは激しい動きの他に、就寝中に起こる「クーパー靭帯の損傷」「肉流れ(横流れ)」にも原因があると言われています。

垂れ乳防止におすすめなナイトブラの選び方

垂れ乳防止におすすめなナイトブラの選び方 イラスト

ナイトブラはバストの下垂ケアにも有効ですが、どれを選んでもまったく同じというわけではありません。
ナイトブラの構造によって、持ち上げる力に違いがあるためです。

もしも垂れ乳の防止や補正が目的なら、アンダー部分を単に支えるだけでなく、バスト全体を持ち上げられる構造のナイトブラを選びましょう。

バストの下垂に、サイズの大小は関係ありません。
とはいえ、胸が大きい人ほど垂れ乳になりやすいのは事実。

バストの下垂が気になる人には、持ち上げる力が強いエレアリーナイトブラがおすすめです。

エレアリーナイトブラ 画像

エレアリーナイトブラは上向きバストを作れるように、肩紐にアジャスターが付いています。
持ち上げる力を調節できるので、美しいバストの黄金比率であるゴールデントライアングルを作れます。

下垂防止におすすめのナイトブラは、選び方も含めてこちらで詳しく解説しています。
少しでも早く、ナイトブラで下垂ケアを始めましょう。

離れ乳の改善におすすめのナイトブラの選び方

離れ乳の改善におすすめのナイトブラの選び方 イラスト

ナイトブラは離れ乳のケアにも有効ですが、どれを選んでもまったく同じというわけではありません。
ナイトブラの構造によって、寄せる力に違いがあるためです。

もしも離れ乳の防止や補正が目的なら、単にバストを固定するだけでなく、横流れを防ぎつつ真ん中に寄せられる構造を持つナイトブラを選びましょう。
例えば、ホック付きのナイトブラです。

離れ乳も、バストサイズの大小は関係ありません。
離れ乳が気になる人には、寄せる力が強いふわっとマシュマロブラがおすすめです。

ふわっとマシュマロブラ 画像

ふわっとマシュマロブラはバスト側面の面積が広いクロスベルトが特徴で、逆側のサイドホックで固定できる構造になっています。
つまり、バストの横流れを防ぎつつ真ん中に寄せて固定できます。

離れ乳におすすめのナイトブラは、選び方も含めてこちらで詳しく解説しています。
少しでも早く、ナイトブラで離れ乳ケアを始めましょう。

寝心地の良いナイトブラの選び方

ベッドで眠る女性 写真

ナイトブラは夜寝るときに着けるので、睡眠の邪魔にならないかどうかもチェックしたいポイントです。

ナイトブラには、伸縮性のある「ポリウレタン」「ナイロン」「スパンデックス」などが主に使われます。
睡眠の邪魔をしないことがナイトブラの絶対条件ですが、敏感肌の人はチクチク感を感じるかもしれません。

伸縮素材不使用のナイトブラはありませんが、カップ裏や脇部分に肌に優しい「綿(コットン)」が使われているナイトブラならあります。

また、洗濯タグのチクチクが気になる方は、縫い付け場所や表示方法などもチェックしてみてください。
カップ裏への縫い付けや印字タグなど、工夫されているナイトブラもあります。

他にも、縫い目のないシームレス、通気性に優れたムレないメッシュ生地、ニオイ予防や血行促進などの効果が期待できる素材が織り込まれているなど、工夫が施されたナイトブラも販売されています。
気になる方は、あわせてチェックしてみるといいでしょう。

気分が上がるナイトブラの選び方

色見本 写真

ナイトブラの選び方は「サイズ」と「構造」が何より重要ですが、この2つをクリアしていればデザインや色から選んでもいいでしょう。

レースで装飾されていたりもしますし、カラーバリエーションはナイトブラよって大きく違います。
おしゃれでかわいいナイトブラもたくさんあるので、好みに合わせた選び方もできます。

手入れのしやすいナイトブラの選び方

洗濯機 写真

昼間用のブラジャーを毎回キッチリ手洗いしている人でも、正直「めんどくさいな…」なんて思ったことはありませんか?

もしも手洗いを負担に感じるなら、洗濯の仕方を重視したナイトブラの選び方もおすすめです。
ナイトブラは大抵ノンワイヤーですが、洗濯機が使えるモノと使えない(非推奨の)モノがあります。
洗濯機で洗えるかどうかも、チェックしてみましょう。

ただ洗濯機で洗えるナイトブラでも、伸びたり毛玉ができたりはします。
ナイトブラの寿命を縮めたくない場合は、やはり手洗いにはかないません。

【まとめ】ナイトブラの選び方で重要なポイント

まとめ 画像

ナイトブラの失敗しない選び方を5つのポイントに分けて紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?
最後にここで、重要なポイントをおさらいしておきます。

ナイトブラの選び方で重要なポイント

  • 自分のバストサイズを再確認
  • 商品ごとにサイズ表と照合
  • 楽な着用感とホールド力はトレードオフ

ナイトブラの選び方でもっとも重要なポイントは、「サイズ」と「構造」です。
そしてもちろん、睡眠の邪魔にならないことです。

楽な着用感を優先すれば、強いホールド力は得られません。
強いホールド力を優先すれば、楽な着用感は得られません。

つまり極論を言えば、スポブラタイプか昼ブラタイプのどっちかを決めることさえできれば、不満を抱く可能性はグッと低くなります。

ナイトブラのバストケア効果を実感するためには、ここで紹介したポイントが必ず役に立ちます。
効果的なバストケアのためにも是非、自分に合ったナイトブラを見つけてください。

また、ナイトブラは幅広い価格帯で販売されています。
洗い替えも必要になるので、機能性と価格とのバランスもチェックしてみましょう。

これ以上の詳細な選び方を知りたい人は、該当する別ページをチェックしてみてください。