9

3

司牡丹酒造 幻のお酒 定期便

司牡丹酒造 幻のお酒 定期便
山紫水明の地であり、清流仁淀川の伏流水など、清らかな水に恵まれてる佐川町。遠来の醸造技術と良質の天然水が融合し、数々の銘酒がつくられ、酒のまちとして発展してきました。その伝統を受け継ぎ、芳醇な香りの酒造りを続けているのが司牡丹酒造。佐川町ふるさと納税では、司牡丹から産み出される数々の銘酒の中でも、特に入手困難な逸品を集め、四季ごとに計5回送る定期便(720ml×10本)の申込み受付を開始しました。「日本名門酒会」でしか取り扱いのない「船中八策」のさらに季節限定版となると、通のみぞ知る希少酒です。そんな貴重な逸品とこれまた貴重な季節ごとに醸造される、季節の「幻の酒」をセットにして定期便で送らせていただきます。また、12月31日の大みそかにはお正月の席を彩る「元旦を祝う酒」もセットになっております。数に限りがございますので、この機会をお見逃しなく!(地域おこし協力隊:東 かおり)

*詳細は以下から確認・申込まで出来ます。
▶︎click!ふるさとチョイスへ
▶︎click!ANAふるさと納税へ
▶︎click!楽天ふるさと納税へ