9

14

サマツ

サマツ
これは「サマツ」というキノコ。佐川町尾川地区ではハヤマッタケと呼ばれたりしています。マッタケとは違う種類のキノコですが形がマッタケに似ています。香りはマッタケほどでは無いですが、食感などは似ています(私が最後にマッタケを食べたのがいつだったか思い出せないぐらい昔なのであまり正しい感想ではありませんが)クヌギの樹に生えますが、どこに生えるのかは、イノシシを追跡して山を歩いているような人ぐらいしか場所を知りませんし、彼らはその場所を秘密に。4つぐらいに裂いて炭火で炙り、酢みかんやゆずぽんをかけて食べるとなかなか酒が進みます。本物のマッタケだと市場が高値に引き取ってくれるので私達の口には入らないでしょうが、この季節、サマツは地域の普段の晩酌のおつまみとして楽しめます。(撮影/執筆:西森信三)