11

7

四国のみち②

四国のみち②
すっかり秋になり、今日は8月に企画した「四国のみち」の具体的なルートを話し合いました!と言うのも、当初はわたし一人の予定だったこの企画。新しく記者クラブに加入してくれた協力隊の村川さん(山に詳しい!)が参戦してくれることになり、とても心強い限りです。 決まったルートは、まずJR斗賀野駅からほど近い、龍王公園(タコ公園)がスタート地点。そこから登山口→山崎天文台→わんぱく広場→虚空蔵山(三角点)を目指します。佐川ナウマンカルストから登っても良かったのですが、初回ということで登山初心者に優しめのコースになりました(笑)。 決行日は11月下旬。お天気に恵まれることを祈ります! ちなみに「四国のみち」とは、環境省が計画をし、国及び各都道府県が整備をしている全国の長距離自然歩道のうち、四国自然歩道(全長1,545.6km)のことを指します。起点は徳島県鳴門市、終点は徳島県板野郡板野町。長距離自然歩道は「四季を通じて手軽に、楽しく、安全に自らの足で歩くことを通じて、豊かな自然や歴史・文化とふれあい、心身ともにリフレッシュし、自然保護に対する理解を深めること」を目的としていて、2時間程度で歩ける家族向けのコースから本格的な健脚コースまで、各地の見どころを楽しく歩けるようになっています。 四国のみちのコース資料を見ると、私たちのコースは高知県の「34番:谷地・佐川へのみち」と「35番:赤土峠志士脱藩のみち」を合体したような道程。見ているだけでも面白いので、ご興味のある方はぜひそちらも覗いてみてください。 (地域おこし協力隊 泉佳子) 四国のみちについて、詳しくはこちらもどうぞ。 https://www.env.go.jp/nat…/nats/shizenhodo/sikoku/index.html(環境省ホームページ)