3

4

どんどこ!巨大紙相撲 桜座場所

どんどこ!巨大紙相撲 桜座場所
佐川町地域おこし協力隊の美術家「KOSUGE1-16」が考案し、2006年から全国各地で60回以上行われている「どんどこ!巨大紙相撲」が佐川町の桜座にて四国初開催されました。段ボールで作った身長約180cmの等身大力士四畳半ほどある木製土俵で競わせる大相撲さながらの紙相撲大会です。約200名の来場者、約30体の力士、約30団体に谷町として参加頂きました。(佐川町役場チーム佐川推進課 市川 哲)