7

24

シャッターペイントのライトアップ

シャッターペイントのライトアップ
毎年7月24日は文殊大祭の日。 日が暮れ始めた頃、中本町商店街に明かりが灯りました。 牧野富太郎博士生誕の地にちなんで、中本町商店街のお店には植物が描かれたシャッターペイントがされており、1年に1度この文殊大祭の日にライトアップされるのです。 普段見かけるくっきりとした色合いとは少し違った幻想的な雰囲気で、植物や蝶のイラストが浮かび上がってくるようにも見えます。 お祭りの帰り道、喧騒から少し離れて、のんびり鑑賞するのも楽しみの一つです。(執筆:鶴見悠子)