7

12

ヒメイチ

ヒメイチ
赤いきれいな色合いが目をひく魚「ヒメイチ」。 高知県や四国周辺ではヒメイチ・ヒメチと呼ばれていますが、正式名は「ヒメジ」。 20センチほどの小ぶりの魚で、日本各地に生息しています。 特徴は口もとにある2本の黄色いひげ。ひげには味覚を感知できる細胞があり、ヒメイチはこのひげで砂地などをさぐってエサを探しているのだそう。 淡白ながらも上品な味わいと皮の独特の風味から、唐揚げやてんぷら、干物、汁物など、さまざまな料理に使われます。 高知では、その彩りをいかして姿寿司として食べるほか、地域によっては唐辛子と柑橘の皮とで煮込んだ辛子煮が作られています。(執筆:鶴見悠子)