6

30

ナンゴククガイソウ

ナンゴククガイソウ
牧野公園東屋そばで咲く「ナンゴククガイソウ(南国九蓋草)」。 ゴマノハグサ科クガイソウ属、山地の中の日当たりのよい草地に生える多年草です。 主に、紀伊半島、四国、九州で見ることのできる植物で、7~8月頃に淡い紫色の花を咲かせます。 葉が輪生していくつもの層になり、それが九層くらいあることから、「クガイソウ」(九蓋草)という名がついたと言われているのだそう。 近くには、まるでトラのしっぽのような「オカトラノオ」も咲いていて、訪れる人の目を楽しませてくれています。 (執筆:鶴見悠子)