6

14

フクリンササユリ

フクリンササユリ
梅雨とは思えない晴れの日が続く佐川町。この日、牧野公園の木陰できれいな花を咲かせていたのは「フクリンササユリ(覆輪笹百合)」。 「フクリンササユリ」は、ユリ科ユリ属の多年草。佐川町出身の牧野富太郎博士が命名した種で、6月に白地に淡いピンクがかった色の花を咲かせます。 「フクリン」とは、葉にうっすらと入っている白い輪のこと、「ササユリ」は、葉が笹に似ていることから名づけられました。高知県や愛媛県では自生している種を見ることができます。 この日つぼみは見られず、見頃はもうあと少し。名残惜しいですが、特徴ある葉の姿はまだまだ楽しむことができそうです。(執筆:鶴見 悠子)