6

12

小原製瓦

小原製瓦
佐川町西組。ここに、日本瓦を製造・販売している(有)小原製瓦があります。 創業は明治20年、今もなお手作業の工程が残されている老舗の工場です。 こちらでは、粘土から瓦の形に成型、乾燥、焼き上げまでの一連の工程をすべて行っています。材料となる粘土は、かつては、ここ斗賀野地区で取れる粘土が使われていましたが、区画整理等で手に入れるのが難しくなり、今は淡路の粘土を使って瓦が作られています。 成型の工程の一部は今も手作業で行われており、使われている木型は、博物館に展示されるような年代ものだそう。大切に手入れされ、まだまだ現役として細かな仕上げに活躍しています。(執筆:鶴見 悠子)