5

14

チョウジソウ(丁字草)

チョウジソウ(丁字草)
青空の下、涼やかな色の花を咲かせているのが『チョウジソウ』。 「チョウジソウ」は、キョウチクトウ科チョウジソウ属の宿根草。川岸や原野などの湿った草地に生え、5~6月頃に星型をした青紫色の花を咲かせます。 北海道から九州の各地で見ることができますが、自生のものは減っており、現在では多くの地域で絶滅危惧種に指定されているのだそう。 名前の由来は、花を横から見た形が漢字の「丁」の字に似ているからとも、香辛料のクローブ(丁子)に似ているからとも言われています。 暑さの中で、爽やかさを感じさせてくれる存在です。(執筆:鶴見悠子)