3

4

ユキワリイチゲ(雪割一華)

ユキワリイチゲ(雪割一華)
春を迎えた牧野公園。シコクバイカオウレンをはじめ、春の山野草を楽しみに連日多くの人が牧野公園を散策しています。 この時期見頃を迎える植物はたくさんありますが、『ユキワリイチゲ(雪割一華)』もその一つ。 ユキワリイチゲは、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草で、本州西部から九州の山すそや林の中に生息している日本の固有種。2~3月頃に淡いピンク色の花を咲かせます。少し紫がかったものや白色の花もありますが、高知県に自生するユキワリイチゲの多くはピンク色なのだそう。名前の「雪割」は「早春植物」を、「一華」は「一茎から一輪の花を咲かせる」ことを意味しています。 そのたたずまいから上品さを感じさせるユキワリイチゲ。花は日が当たると開くので、お天気のよい昼間がおすすめです。(執筆:鶴見 悠子)