2

8

福寿草

福寿草
黄色い菜の花を見かけると、寒い中でも少しずつ春が近づいているように感じられる今日この頃。 この時期、牧野公園に春を告げるのは、黄色の『福寿草』です。 福寿草は、キンポウゲ科フクジュソウ属の多年草で、北海道から九州まで広い範囲に分布しており、山野の落葉樹の下などに自生します。 特徴的なのは、咲き始めの時期の咲く姿。地面からにょきっと花茎を出し、その先端に黄色の丸い形の花を咲かせます。 別名、元日草や朔日草(ついたちそう)と言われ、「福を招く」というめでたい名前からお正月の鉢花として人気がある、縁起のよい植物。江戸時代から盛んに栽培されて、数々の品種改良がなされた園芸品種で、一般的な黄色以外に紅色や緑色などの花を咲かせる品種もあるのだそう。 花の姿はもちろんのこと、今か今かと大きくふくらんだつぼみもかわいらしい姿。花は3月頃まで楽しむことができます。(執筆:鶴見悠子)