2

1

土佐文旦

土佐文旦
土佐文旦が旬を迎える季節。文旦は、高知県を代表する果物で、生産量・消費量とも国内第1位であり、ここ佐川町は『土佐文旦』の産地の一つ。目を見張るほどの大きな果実、独特の香りとプリプリとした食感が特徴的な柑橘です。 文旦には「土佐文旦」と「水晶文旦」があり、「水晶文旦」はハウス栽培、「土佐文旦」は露地栽培とハウス栽培とで区別されています。秋頃から見られる「水晶文旦」にはじまり、冬から春に向けて旬を迎える露地栽培の「土佐文旦」。露地ものの「土佐文旦」は食べる時期によって酸味と甘みのバランスが異なり、「はしり」「さかり」「なごり」と分かれるくらい、味わいが変わってくるのだそう。厚い皮の内側の白綿部分や小袋の皮は苦いので、きれいにむくと美味しくいただけます。 爽やかさとほんのり苦味が感じられる香りも、その味わいの違いも、春を迎えるまでの間じっくり楽しみたくなりました。(執筆:鶴見 悠子)