1

15

五所神社のどんど焼き

五所神社のどんど焼き
初雪がちらちらと舞う中、佐川地区柳瀬橋下の河原からは白い煙とパチパチという音が聞こえてきます。今日は『五所神社どんど焼き』の日。 「どんど焼き」とは、小正月にあたる一月十五日に、門松や注連縄などのお正月飾りや書き初めを持ち寄って燃やす火祭りの行事。1年間の無病息災、五穀豊穣を願う行事であり、お正月飾りを焼いた灰を持ち帰ってまくとその年の病を遠ざけたり、書き初めを燃やしたときに炎が高く上がると字が上達するとも言われています。 「どんど焼き」「左義長」など様々な呼び名で全国的に行われている行事ですが、佐川町では毎年えびす祭りが行われた次の日曜日に開催されているそう。 寒空の下、訪れた人々はこの1年の無病息災を願ってお参りをし、お正月飾りを火にくべていきました。(執筆:鶴見 悠子)