9

3

TOOL FOR EAT + 黒岩じるし

TOOL FOR EAT + 黒岩じるし
今年4月に地域おこし協力隊として佐川に移住した美術家「KOSUGE1-16」が「発明ラボ」と企画したワークショップ「TOOL FOR EAT 」が黒岩地区で行われました。「TOOL FOR EAT 」とは佐川の食を美味しく食べる為の道具を作って最高の場所で食べるワークショップです。今回は黒岩の農家の生産者グループ「黒岩じるし」が生産しているプリンの為のスプーンを考えて、それを木材で製作し、田んぼの真ん中の仮設のパビリオンで「黒岩」を見ながらプリンを食べるという企画。パビリオンは発明ラボにも設置されているCNC旋盤、Shopbotの日本第一人者の建築家、秋吉浩気さんが設計製作してくださいました。町内外の参加者約25名はまず最初にプリンを味わい、自分が一番プリンを美味しく食べられるスプーンを発明すべく試行錯誤。大人も子供も黙々と彫刻刀を使って木を掘ったり、電動工具を使って削ったり。先を細くして少しづつ食べる様に作ったり、瓶の淵のプリンまで掻き出せるような形にしたりと個性豊かなスプーンができました。黒岩の横に設置されたパビリオンで自分の作ったスプーンで食べるプリンはまた格別。佐川の食を楽しむもの作り企画、第二弾が楽しみです。(執筆:車田 智志乃)