9

1

新子(しんこ)

新子(しんこ)
『新子』の季節がやってきました。 8月下旬から9月にかけて鮮魚店に並ぶ魚「メジカ」。高知県では、生まれて1年以内の若いメジカのことを「新子」と言います。 メジカはソウダガツオ(宗田鰹)とよばれるカツオの仲間。漁獲量は高知県が全国1位で、風味が強いダシがでる宗田節の原料としても知られています。冷蔵技術が進んだ現代でも、生で食べられるのは釣り上げた船の上か漁港に近い町だけ、朝獲れたものは昼までにと言われるくらい、鮮度がおちやすい魚。旬の時期も約1ヶ月と非常に短く、限られた場所・時期でしか食べることができません。 新子の特徴は、赤身の魚とは思えない、モチモチとした食感。その新子と相性抜群なのが、高知の酢みかん「仏手柑」。食べ方は、仏手柑の皮をすりおろし、果汁を絞り、その上から醤油をかけるのだそう。ツマには、りゅうきゅうが添えられます。 「この時期が待ち遠しい」「一度食べたらやみつきになる」と言われる「新子」。あっという間にその魅力に取りつかれました。(執筆:鶴見 悠子)