8

7

とかの昔ながらの七夕まつり

とかの昔ながらの七夕まつり
今日は、とかの女子会主催の『とかの昔ながらの七夕まつり』。 今では、七夕というと7月7日を思い浮かべますが、かつては旧暦の7月7日、つまり8月に行われていた「七夕まつり」。 会場には、園児や小学生たちが書いた短冊や色とりどりの紙飾りでいっぱいの竹が並び、その1本1本をつなぐ縄には、わら馬やわら亀、なすやきゅうりなどの夏野菜、米や塩、水を田芋の葉で包んだものが飾られていました。これは、伝統的な七夕飾りで、高知県中西部の地域でよく見られるものだそう。 お祭りのプログラムは、園児の演奏や踊り、紙芝居、とかの音頭、演奏と盛りだくさん。わら馬・わら亀づくりやゲームのコーナーは子どもたちでにぎわっていました。 昔ながらの七夕まつりを子どもたちに伝えていきたいという地域の皆さんの想いがあふれたお祭りとなりました。 お祭りが終わり、提灯の灯りが消えた公園から見る夜空には、月がくっきりと輝き、たくさんの星が瞬いていました。(執筆:鶴見悠子)