8

28

道作り、水源清掃

道作り、水源清掃
黒岩地区では、上水道ではなく山水を生活水にしている家が沢山あります。それらの家では部落ごとに所有している山の水源から各家に水を引いています。黒岩地区場所ケ内で道作りと水源清掃があると聞き、同行させてもらいました。道作りというのは、戦中などに山を農地として活用していた当時に整地された道を草刈りや、排水しやすいように整備する作業で年に2回行われています。現在この道ぞいに農地はなく、水源に行く為に利用されています。水源掃除は年4回。場所ケ内では西と東に水源があり今回参加した西側の水源は8世帯が利用しているそうです。山道を整地しながら登る事、約1時間。水源に到着すると、水の取り込み口の掃除を行います。砂などがたまって水道が詰まるのを防ぐ為の作業です。水源の水はこんこんと吹き上げるように湧きだしており、今まで枯れたことがないんだそう。飲ませてもらった水はとても冷たく、柔らかく美味。水質調査でもアルカリ質で飲料としても問題はないそうです。家の水道をひねるとこんなに美味しい水が出てきて、使い放題の山水。その裏には管理の大変さもありますが、山とともに生活してきた黒岩の方の生活が垣間見れました。(執筆:車田 智志乃)