8

25

酷暑に冷茶を

酷暑に冷茶を
JAコスモス 佐川支所 茶生産部会が企画する冷茶のいれ方講座『酷暑に冷茶を味わってみませんか』が、JAコスモス本所パストラスホールで開かれました。水出し緑茶、氷水出し緑茶、氷出し緑茶、オンザロック緑茶、ウーロン茶と紅茶の冷茶のいれ方を、日本茶の専門家や日本茶インストラクターの方が講師となり教えてくださいました。事前に高知新聞にも取り上げられたこの企画。新聞の効果もあり佐川町内外からの総勢60名ほどの参加者は自分で実際に冷茶をいれたり、試飲したりと抽出方法の違いで全く違う味わいのお茶に驚いていました。一番の驚きは「氷抽出緑茶」。急須の中に茶葉を薄く平らに広げ、その上に氷を急須いっぱいになるまで入れます。そのまま3−4時間置くと、氷から溶けた雫一滴一滴でじっくり抽出されお茶のエキスがじんわりとしみ出ます。おすすめは上質な煎茶でいれること。佐川茶の濃厚な旨みを冷茶でいただき、ビタミン豊富な緑茶でこの残暑を乗り切ってみてはいかがでしょうか?(執筆:車田 智志乃)