8

22

スズムシバナ(鈴虫花)

スズムシバナ(鈴虫花)
猛暑が続く日々の中で、秋らしさを感じさせてくれる花に出合いました。『鈴虫花』です。 鈴虫花は、キツネノマゴ科イセハナビ属の多年生植物で、国内では、近畿以西の本州、四国、九州の山地の木陰で見られます。 開花時期は、8月~10月、鈴虫が鳴く頃に花が咲くことから、この名がついたと言われています。実は、もともとは「鈴虫草」と呼ばれていましたが、ラン科におなじ鈴虫草という植物があったため、鈴虫花と名を改めたのだそう。ラン科の鈴虫草の名は、花の形が鈴虫の羽の形に似ていることに由来しており、同じ「鈴虫」という名はつきますが、花の雰囲気はまったく違います。 鈴虫花は、朝開いて、午後には散ってしまう、一日草。その儚さはどことなく秋をイメージさせますが、まぶしい日差しの下で咲く姿は、訪れる人々を楽しませてくれています。(執筆:鶴見悠子)