7

22

りゅうきゅう(ハスイモ)

りゅうきゅう(ハスイモ)
梅雨明けを迎えた高知県。暑い夏にかかせない食材が『りゅうきゅう』です。「りゅうきゅう」は、ハスイモのこと。里芋と同じ、サトイモ科サトイモ属の植物。里芋が根の部分を食べるのに対し、ハスイモは葉柄であるズイキの部分を食べます。主に四国や九州で食べられていますが、高知県が一大産地。一年を通して出荷されていますが、露地ものは夏から秋にかけて多く収穫されるので、今が旬と言えます。高知県で「りゅうきゅう」と呼ばれるのは、沖縄県から持ち込まれたからなのだそう。 断面にはたくさんの穴があいていてスポンジのような見た目。生で食べるとシャキシャキとした食感。空洞がたくさんあるので、たっぷりと汁気を吸わせることができ、強いクセや香りがないので、さまざまな料理に使うことができます。酢の物、サラダ、和え物、煮物に味噌汁と万能の食材。田舎寿司にもかかせません。 夏本番を迎え、まだ暑さになれない体に、涼やかな薄緑色が食欲をそそります。(執筆:鶴見 悠子)