6

22

黒岩中央保育園 新園舎柱作り

黒岩中央保育園 新園舎柱作り
来年2月に完成予定の黒岩中央保育園の新園舎。この園舎は木のぬくもりを感じられる木造の施設で、黒岩の山から切り出した檜の木が縁側の柱として使われます。この柱は黒岩中央保育園の園児たちと一緒に制作しており、第一弾は今年3月に行われ園児たちが木の枝落としをしました。そして柱作り体験第二弾が本日佐川町役所で産業建設課の方とキコリンジャーの指導の元、黒岩保育園園児たちによって行われました。まずは枝を落として皮を剥ぎ乾燥させた状態の木にやすりがけ。園児たちは紙やすりで木肌を擦りツルツルになっていく木に大満足。次に刷毛を使って防腐剤を塗っていきます。この防腐剤は肌に付いても大丈夫な環境にやさしいもの。参加した年小から年長の園児は木の裏、表とを上手に塗っていました。これらの柱はこの後キコリンジャーにより綺麗に磨かれ、防腐処理されたのち、黒岩中央保育園の柱づくり体験第三弾で園児と一緒にニス塗作業が行われる予定です。(執筆:車田 智志乃)