6

5

第十二回 とかの元気村総会

第十二回 とかの元気村総会
6月5日、佐川町斗賀野地区で、第十二回とかの元気村総会が開催されました。 年1回のこの日の総会には、81名もの会員が集い、昨年度の事業報告の共有、今年度の事業計画についての話し合いが行われました。 とかの元気村は、住民参加のまちづくりや地域振興を進めるNPO法人。「たらふく秋まつり」「地区民運動会」などの地域行事の開催、環境保全・自然保護活動、機関紙「好きですとかの通信」やブログを活用しての広報活動など、さまざまな取り組みを行い、地域の活性に力を発揮しています。あおぞら公園内にある「あったかふれあいセンターとかの」は、平日9時~16時の間施設を開放しており、体操、カラオケ、喫茶の日などのプログラムも用意されています。 総会閉会後は、参加者の手で手際よく懇親会会場に様変わり。テーブルには皿鉢料理が並び、高知県で最初に「地酒で乾杯を推進する条例」を制定した佐川町らしく、司牡丹の日本酒で乾杯。和やかに今年度がスタートしました。(執筆:鶴見悠子)