5

1

どろめ

どろめ
高知の早春の珍味「どろめ」。 「どろめ」は、高知の方言でいわしの稚魚のこと。釜ゆでにしたものがしらす、干すとちりめんじゃこになります。体長3cm前後の針のようにピンと立った姿で、白色がかった半透明の身体に黒く光る目玉が特徴的。つるんとした食感と磯の風味がやみつきになります。 高知県では、昔からこのどろめを酢味噌や三杯酢で食べたり、味噌汁やお吸い物に入れて食べてきました。お酒との相性もよく、酒の肴として好まれることも多いようです。 どろめは鮮度が命。とても傷みやすく、浜からあがったばかりのものと時間が経ったものでは格段に味が違うので、昔は浜の漁師さんや獲れたてが味わえる地域でしか食べられない逸品でした。どろめは、全国でも有数のしらす・ちりめんじゃこの産地である高知県ならではの珍味なのです。(執筆:鶴見 悠子)