4

21

はちきんのお弁当

はちきんのお弁当
佐川町の商店街に並ぶ直売所『はちきんの店』。はちきんとは、高知の女性をあらわす方言で「男勝りな女性」という意味。そんなはちきんたちの手によって、約30年近く続くという伝統あるこの直売所では、とれたての新鮮な農産物や、自慢のお茶や味噌といった加工品など、さまざまな地元産商品が販売されています。そんな中でも目をひくのが、お店の中央にズラリと並ぶお弁当の数々。これらはもちろん手作りで、色々なメニューがあります。おいしく安いと評判なので、朝にはたくさん並んでいるお弁当もお昼時にはほとんど売り切れ。朝一番がねらい目です。お弁当は一つひとつに作ったお母さんの名前が入っていて、”顔が見える”のも嬉しいです。地元では、「私は○○さんのお弁当がお気に入り」なんて話題になることも。営業時間は7:30から16:00まで、定休日は日曜。地元産の安心して食べられるものを、手頃な価格で提供する。地域の食を支えるお店です。(執筆:森川 好美)