11

26

長太郎貝

長太郎貝
長太郎貝とは、緋扇貝のこと。ホタテ貝とおなじイタヤガイ科の二枚貝で、房総半島~沖縄の暖かい海域に生息し、西日本を中心に養殖されています。 この長太郎貝を見つけた土佐の漁師さんの名前が「長太郎」だったので、高知県では長太郎貝と呼ばれるようになったと言われています。 長太郎貝の特徴は、なんといっても貝殻の色鮮やかさ。赤、黄、橙、紫など、さまざまな色があり、表面の海草や別の貝を取り除くと、とてもきれいな色が現れます。 味は甘みがあって濃厚で、コリコリとした強い食感が持ち味。 お刺身だけではなく、網焼きやしゃぶしゃぶ、洋風にアレンジしても美味しくいただけます。 目で、味で、楽しませてくれる一品です。(執筆:鶴見 悠子)