5

10

小夏

小夏
高知県に初夏の訪れを感じさせる果物『小夏』。4月から6月に旬をむかえる柑橘類です。佐川町でも、スーパーや農協、無人売り場など、さまざまな場所で見かけます。 高知県では小夏と呼ばれていますが、宮崎県の日向夏、和歌山県や愛媛県のニューサマーオレンジと同じ柑橘です。産地にあわせた品種改良がすすんで、今では地域それぞれの風味となりました。 大きさは温州みかんより一回り大きく、さっぱりとした甘酸っぱい味が特徴。その食べ方は独特で、手でむくのではなく、リンゴをむく要領で白い甘皮を少し残してむきます。ふかふかとした白い甘皮を残すことで、酸味と甘みのバランスがちょうどよくなり、一層おいしく味わうことができるのです。 そのまま食べるだけではなく、ジュースやマーマレード、ケーキなどのスイーツにしても楽しむことができます。 日差しが強くなりはじめるこの時期、一口食べるとみずみずしい果汁が口の中に広がって、気分まで爽やかになる果物です。(執筆:鶴見 悠子)