3

29

発明機器の設営

発明機器の設営
新しいものづくりのための工房づくりが着々と進んでいます。その名は『さかわ発明ラボ』。デジタルデータをもとに木材やアクリルなどの素材を自由に切断したり彫刻をすることができる「レーザーカッター」、3Dデータをもとにフィラメント(樹脂)を溶かし重ねて立体物を作ることができる「3Dプリンター」、デジタルデータをもとにドリルで大きな木材を削り出すことができる「ショップボット」。その他にも「カッティングマシン」や「デジタルミシン」、「UVプリンタ」、「切削加工機」といったさまざまな発明機器が、佐川町文化センターと役場そばの倉庫に設置されました。中には自分のからだごとすっぽり収まってしまうのではないかというくらい大きな発明機器もあり、それらがぎゅっと設置されています。一人ひとりの「つくりたい」をサポートする『さかわ発明ラボ』。これらの発明機器が、発明の大きな手助けをしてくれます。(執筆:栗崎 心)
  1. <